自己破産などの債務整理を弁護士に頼むメリットとは?

自己破産などの債務整理を弁護士に頼むメリットとは?

 

自己破産,取り立て,代理

近年増加が著しい自己破産のケースとして、奨学金破産というものがあります。

 

 

大学時代に奨学金を貸与して大学に通ったのはいいのですが、卒業してから返済ができなくなるといったケースです。

 

 

通常、大学を卒業し、就職してからは普通に返済していけるのが奨学金というものですが、近年は就職先がブラック企業であったり、異常な低賃金労働であったりして、途中で辞職を余儀なくされることも多いのです。

 

 

それで、毎月の返済が滞ってしまい、それを凌ぐために消費者金融などから借金をするうちに多重債務になって借金でクビが回らなくなり、お手上げになってしまうというものです。

 

 

こうなってしまうと、自力で返済したり借金問題を解決していくことはまず不可能となってしまうので、債務整理の最終手段である自己破産して免責許可を受けて借金をチャラにするというケースが増えています。

 

 

非常に忌々しき悪循環なのですが、日本においてはこの奨学金破産問題は大きな社会問題となっており、早急な対応策が求められています。

 

 

貸与型ではなく、支給型の奨学金制度の検討もその対策のひとつです。

 

 

さて、このように様々な問題や矛盾点、構造的な歪が随所に見えてそれが元で、数々の構造的欠陥によるエラーを生み出している現代の日本社会ですが、貧富の格差の拡大だけは止まりません。

 

 

ごく一部の資本家や法人といった富裕層がどんどん富を蓄えていく一方で、働けど働けど、一向に労働条件も賃金も改善されず、労働力と時間だけを搾取されて生活は苦しいままの労働者は増える一方です。

 

 

これは、ブラック企業、ブラック労働の蔓延化や、派遣社員など安い賃金で使い捨てできる非正規雇用者の比率の増大によるものであり、日本の根源的な社会不安の源といっても過言ではありません。

 

 

そうした状況にあって、日々生活していくのに、多額の借金を抱えてクビが回らなくなり、自己破産をはじめとする債務整理を行わざるを得なくなる人は後を絶ちません。

 

 

ここでは、以下において、そのような借金地獄に陥った人が債務整理をする際にどういったことに気を付ければ良いのか?

 

 

なぜ、弁護士に依頼した方が良いのか?

 

 

などを中心に掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

弁護士にまずは相談することが第一!

借金問題、とりわけ、債務超過などに陥って借金地獄状態にあって悩んでいる人は、早急に対策を打つ必要があります。

 

 

そのまま放置していても事態はどんどん悪くなる一方だし、自力で返済できる額を超えた債務超過ではまともな借金返済は不可能だからです。

 

 

ですから、こういった場合には、まず債務整理を検討すべきでしょう。

 

 

債務整理には、自己破産の他に、任意整理・特定調停・個人再生といったバリエーションがあります。

 

 

多重債務で、クビの回らないほどの借金の総額がある債務者は、まずその借金全てを利息含めて返済していくことは不可能ですので、自己破産を検討する人が多いでしょう。

 

 

自己破産であれば、破産宣告を受ければ通常、免責許可も同時受けることができて、実質借金を0にすることができ、返済しなくて良くなるからです。

 

 

確かに自己破産にはデメリットもありますが、債務超過で悩んでいるのであれば、自己破産をして根本的に生活を建て直していく必要があります。

 

 

自己破産のリスクとデメリットを理解して不安のない生活を!

 

 

デメリットの一部を抜粋すると、債務者が持家や不動産などの財産(資産)を持っている場合であれば、財産(資産)はすべて差し押さえられて没収してしまいます。

 

 

その上で、それらの財産(資産)を換価処分して、債権者に配当(分配)するわけです。

 

 

なので、もしも財産を持っている債務者であれば、自己破産の申し立てをするより他の個人再生などの債務整理方法を選択した方が適切だと言えます。

 

 

個人再生であれば、住宅ローン以外の借金を整理して、無理なく住宅ローンが返済していけるようにまとめ、持ち家などの財産も没収されず手放さなくて良いからです。

 

 

また、自己破産の申し立てを行っても、その借金を作った事情や理由が、ギャンブルであったりした場合には、裁判所は、免責不許可事由に該当すると判断し、免責許可を与えず、借金がそのまま全部残ってしまうという事態もあります。

 

 

このように、自分で間違った判断の債務整理方法の選択をしないためにも、専門家に相談することが、まず第一となります。

 

 

多くの法律事務所においては、借金問題の無料診断サービスを行っていますので、まず、この相談を受けて法律のプロである弁護士に個別の状況を伝えたうえで最適の債務整理方法をアドバイスしてもらいましょう!

 

 

 

無料診断で適切な債務整理方法を決めたら、そのまま弁護士に依頼しよう!

自己破産,取り立て,代理
このように、法律事務所の無料診断において、法律のプロである弁護士に適切な債務整理方法を決定してもらったら、そのまま最初から弁護士に債務整理を依頼しましょう。

 

 

弁護士に最初から依頼すると良い点(メリット)は実にたくさん存在しますが、そのうちの一つに、煩雑な事務手続きを全て弁護士がやってくれる、というものがあります。

 

 

これは、思いのほか大きなメリットであり、特に仕事の忙しいサラリーマンの債務者の場合には、仕事や生活を債務整理の手続きに妨害されることなく生活ができるという点でとても大きいです。

 

 

債務整理における提出義務のある書類は総じて煩雑であり、その作成には膨大な手間と時間を要してしまいます。

 

 

まして、法律の素人である債務者自身でやろうとするとなると、なかなかお思うように作成が進みません。

 

 

その点、法律のプロで債務整理にも手慣れている弁護士に依頼すれば、迅速かつ確実に手続きに必要な事務処理を進めることができ、加えて裁判所等との交渉事もすべて代理人としてやってもらえます。

 

 

そういった意味でも、債務整理の方法を選択したら、そのまま最初から弁護士に依頼するのが最も賢明な方策と言えるでしょう。

 

 

 

生活の安寧を手に入れたければ弁護士に依頼

方々に借金を重ねて債務超過に陥り、借金地獄の生活を送っている債務者の神経を最も蝕むことといえば、やはり、債権者からの取り立てや督促行為ではないでしょうか?

 

 

毎日、借金の取り立てにビクビクしながら暮らしていくというのは、精神衛生上非常に良くないことです。

 

 

債務整理を決意して、弁護士にそれを依頼すれば、このような取り立てや督促は止みます。

 

 

弁護士には代理権というものがあり、債務者が債務整理を弁護士に依頼した時点で、弁護士は依頼人である債務者の代理人となります。

 

 

そして、債務者から依頼を受けた時点ですぐに代理人である弁護士は、債権者全員へ「受任通知」を送付します。

 

 

これは、今から債務者の代理人として、債権者との連絡、交渉はすべて弁護士が行う、と宣言する通知です。

 

 

よって、この時から債権者は、債務者に対する借金の取り立て行為や督促行為を禁止されてしまうのです。

 

 

それによって、債務者はこれまで取り立てに怯えてビクビクして暮らしていた生活から解放され、精神的な安寧を得ることができます。

 

 

これはとても大きなメリットですよね。

 

 

債務者は、精神もリラックスして、仕事にも集中して打ち込むことができるようになります。

 

 

こういった点を考慮しても、ますます、債務整理は自力でやらずに法律のプロで代理権を持つ弁護士に依頼するのが最良の策であるとわかると思います。

 

 

 

まとめ

以上、借金問題を解決したければ、まずは弁護士に無料診断を受けるべき、というところから、ロールプレイング的に債務整理を進めていくシミュレーションしながら考察してみました。

 

 

総括すれば、やはり、餅は餅屋ではないですが、法的な手続きはプロである弁護士に依頼する方が数多くのメリットが享受できるということのようです。

 


 
自己破産,取り立て,代理