自己破産後、すぐにお金を貸してくれるところは危険がいっぱい!?

自己破産後、すぐにお金を貸してくれるところは危険がいっぱい!?

 

自己破産,闇金,悪徳業者,ブラックリスト

抜き差しならない経済的事情で、やむをえず債務整理の最終手段である自己破産を選んだあなた−。

 

 

自己破産をすれば、債務は全部、免責になるから借金地獄から一時的に開放されるメリットはあります。

 

 

その反面で、あなたが所有していた財産はほぼすべてが差押えとなって、債権者に配当処分されてしまいます。

 

 

具体的には、持ち家や土地などの不動産など、99万円を超える現金や、20万円を超える預貯金をはじめ、有価証券や生命保険も差押え対象となります。

 

 

そういうわけで、自己破産後のあなたは、債務の返済義務を免責される代わりに、文無しになるのが普通です。

 

 

自己破産後であっても、あなたは、税金や自己破産に費やしたお金などは支払わなくてはいけません

 

 

自己破産後も、新しく仕事を探したり、新生活を始める住居を探したりするにもお金はかかるでしょう。

 

 

そういう最低限の入用の費用についても、自己破産したあなたは、手持ちの現金だけで原則対応しなくてはならなくなります。

 

 

自己破産すれば、あなたの自己破産情報(金融事故情報)は国の新聞である官報に記載されてしまいます。

 

 

信用情報機関にもあなたが自己破産した情報は登録されて、一定の年月の間保存されます。

 

 

これらの信用情報機関に加盟しているすべての銀行や金融機関、クレジットカード会社や信販会社や、はたまた消費者金融…。

 

 

このような会社では、あなたはいわゆる「ブラックリスト」に載ってしまう状態になるのです。

 

 

そうなると、まともな会社はあなたがブラックリストから消えるまでは最低でも、あなたにお金は貸してくれません。

 

 

信用情報機関は日本に3つありますが、あなたの自己破産情報が保持される年月は、最低でも5〜10年です。

 

 

この間、特に自己破産後間もない時期は、とにかくお金がないので、どこかから借りる必要に迫られることが多いわけです。

 

 

家族や友人知人、親戚などに貸してくれる人がいればそれに甘えて何とか耐え忍べば良いかもしれません。

 

 

でも、自己破産したあなたにお金を貸してくれる知人や親類縁者はなかなかいないのが現実でしょう。

 

 

しかし、こんな弱った立場に陥っているあなたにソフト近づいてきてお金を貸してくれるのは、闇金などの悪徳業者です。

 

 

悪徳業者のトラップは日常のふとした隙間から入り込んできます。

 

 

闇金というのは、法外な暴利でお金を貸し付ける違法悪徳業者のことです。

 

 

よく、ただの消費者金融(昔はサラ金と呼ばれていたため)と闇金をごっちゃにしている人もいますが、全然違います。

 

 

消費者金融はキチンと許認可を受けた正規の貸金業者であり、法律に則ってお金の貸付を行っていますが、闇金は、法律を無視して最初からトイチ(10日で1割の利息をつける暴利)など違法な利息を取り立てる犯罪組織です。

 

 

闇金のような違法な悪徳業者は、はじめから犯罪組織なので、その借金の取り立てに関しても法律など無視したやり方をします。

 

 

そして、闇金等の悪徳業者が最も獲物として付け狙っているのが、自己破産後に信用情報機関でブラックリストになっている人たちなのです。

 

 

信用情報機関で金融事故者のデータが記録されると長い年月、正規の金融機関や貸金業者からお金を借りることができなくなります。

 

 

つまり、こういう際に、闇金などの悪徳業者の罠である悪魔の誘惑が目に飛び込んで来たり、悪魔のささやきを耳にすることがあります。

 

 

ここでは、以下でそうした自己破産後のあなたにでも、お金を貸してくれる誘い文句の闇金などの悪徳業者に気を付けた方が良い、というテーマを掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

どうしてもお金が必要なときに目につく悪徳業者の広告は怪しい匂いプンプン!

自己破産,闇金,悪徳業者,ブラックリスト
自己破産で免責が認められた後は、債務返済の義務はなくなりますが、その代り信用情報機関で、いわゆるブラックリスト扱いになってしまいます。

 

 

そうなると、ちょっとお金が足りないから借りたい、という場合でも自己破産前のようにキャッシングを利用したりできません。

 

 

基本的に、自己破産後のあなたは、何もかもお金に関する支払いは、現金で済ませなくてはならない立場になります。

 

 

とはいえ、自己破産後であっても生きていくためには、色々とお金がかかるものです。

 

 

信用情報機関でブラックリスト扱いだから、銀行や金融機関、信販会社などに借りられないとなると、あなたはどうやってお金を工面しようとするでしょうか??

 

 

家族や友人や親戚などに打ち明けて貸してくれる人がいる場合は、あなたは幸運だと言えるでしょう。

 

 

でも、そんなに都合よく自己破産後のあなたにハイハイとお金を貸してくれる人は、なかなかいないと思っていた方が賢明です。

 

 

そうやって、お金のことで頭がいっぱいのあなたの目に飛び込んでくるのが、

 

 

−即金可能!!ブラックリストの人でも、確実に貸します!!−

 

 

などの、悪魔の誘いともいうべき悪徳業者の広告の文言です。

 

 

街を歩いているときに、壁や電信柱の看板などで闇金をはじめとする悪徳業者の広告のキャッチコピーがあなたの目に飛び込んできます。

 

 

あるいは、インターネットをしているときに、バナー広告として闇金をはじめとする悪徳業者の甘い誘いの文言目に入ってくるものもあるでしょう。

 

 

このような時に限って、またこのような闇金のような悪徳業者の広告は特に目につきやすくなるものなのです。

 

 

これらの悪徳業者の広告内容は、「いくら多額の借金がある人でも融資可能!」とか「自己破産などの金融事故者でブラックリストに載ってる人でも貸します!」とか…。

 

 

とにかく、お金に困っているあなたには、これら闇金などの悪徳業者の甘い甘い文言の数々と相場は決まっています。

 

 

お金の工面で頭がいっぱいだったあなたは、こうした広告にグラグラと揺れてしまい、ついつい掲載されている闇金などの悪徳業者の連絡先に電話を…。

 

 

こういう闇金をはじめとする悪徳業者は、まず大抵が、普通の会社のように連絡先が固定電話の番号ではなく、携帯の番号であることが多いのです。

 

 

闇金には、よく090金融とか080金融などと呼ばれる悪徳業者が多くいます。

 

 

しかし、ちょっと待ってください!!

 

 

あなたは、絶対このような闇金等の悪徳業者の甘い広告に釣られてはいけません!

 

 

なぜなら、この手の広告の業者は、まず99%以上の確率で、タチの悪い悪徳業者で犯罪組織だからです!!

 

 

 

深刻な社会問題になっている闇金融問題に対する闇金融対策法とは!?

自己破産,闇金,悪徳業者,ブラックリスト
上記のような、違法性の高い悪徳業者というのは、いわゆる『闇金』と呼ばれる反社会組織や犯罪組織の運営するモグリ業者です。

 

 

驚いたことにこのような闇金等の違法な悪徳業者では、法律を守らないどころか、トイチ(10日で1割の利息)どころか、トサン(10日で3割)や中にはヒサン(1日で3割)などという狂気の沙汰の超暴利を設定しているふざけた悪徳業者も多いのです。

 

 

近年では特に、このような闇金などの悪徳業者による悪質極まりない被害が増加の一途を辿ったことを受けて、平成15年には、『闇金融対策法』が成立し、施行されています。

 

 

更に、平成19年からは一部強化という形で、この法律は強化されています。

 

 

金融庁もこのような由々しき事態を放置できない状態になって、その対策法としての『闇金融対策法』を平成15年に成立させて施行しました。

 

 

更に、時代とともに狡猾さを増して、潜在化して悪質化する悪質業者である闇金の実態に対応させるために、平成19年には『闇金融対策法』の一部を強化する形で改正されています。

 

 

最近では、一見紳士的な風を装って信用させる、ずる賢いソフト闇金なる闇金等の悪徳業者も主婦層を中心に暗躍してジワジワ拡大しています。

 

 

いくらソフト闇金といったところで、その実態は闇金と何ら変わることは無い犯罪組織なので、特に注意が必要です。

 

 

悪質な被害が後を絶たないことから、『闇金融対策法』自体は、強化されているわけですが、それでも、未だに闇金等の悪徳業者は深刻な社会問題になっています。

 

 

真鍋昌平氏原作による人気漫画で映画化などもされている『闇金ウシジマくん』がリアリティーを伴って描かれるほど闇金問題は身近に転がっているのが現状です。

 

 

この漫画を読めば、あなたのような自己破産を含むブラックリスト扱いで、正規の金融機関や消費者金融から借金ができなくなった人々が出てきます。

 

 

こうした人たちが、安易に軽い気持ちで闇金にお金を借りてしまい、闇金等の悪徳業者の違法な超高金利でクビが回らなくなり追い詰められ、すべてが崩壊して破滅していくさまが生々しく描かれています。

 

 

このような漫画を戒めにおき、絶対にこのような悲惨な事態に陥らないように、闇金などの悪徳業者は危険であると、あなたは肝に銘じておくべきです。

 

 

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法行為です!

あなたが自己破産した際に、キャッシングやローンなどの利用実績のないカードがあった場合には、自己破産後も継続的に使用可能な場合があります。

 

 

そのようなケースで、インターネット上のバナー広告や、街を歩いていて、看板や電柱広告などに、「クレジットカードのショッピング枠を現金化します!」といった文言を載せているものがよく見かけることがあると思います。

 

 

あなたはこのような広告に絶対に釣られてはいけません!!!

 

 

このような業者は、100%違法行為を推し進めている闇金など悪徳業者である犯罪組織です。

 

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、違法です!!

 

 

このような悪徳業者は、そのサイトや広告上に必ず『公安委員会の許可を取り付けている』などの文言を載せているのが常套手段です。

 

 

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金化する許可なんてものは存在しませんので、このような悪徳業者には、大いに注意してください。

 

 

闇金などの悪徳業者だけではなく、これを利用してしまったら、あなたも犯罪者の仲間入りです。

 

 

まず、「横領罪」および「詐欺罪」に抵触します。

 

 

そして、あなたは自己破産で、債務を免責された身ですが、これが取り消されるのです。

 

 

破産法には、「免責不許可事由」という項目があります。

 

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は免責不許可事由に該当する旨が、「破産法252条1項2号」に定められています。

 

 

つまり、あなたは、このような違法行為をした場合には、自己破産もできなくなり、人生自体がアウトになってしまいます。

 

 

絶対に、闇金などの悪徳業者の甘い文言に釣られるような羽目には陥らないでください。

 

 

 

自己破産後は、自己破産前よりも危険が多いので注意が必要です。

世の中、特に現代の世の中は世知辛く、油断も隙もありません。

 

 

やむにやまれない経済的な事情で債務整理の最終手段として自己破産を選んだあなた。

 

 

色々と制約は多くなりますが、なんとかまた経済生活を1からやり直し立て直そうとする再生のスタートです。

 

 

ですが、皮肉なことに、世の中には本当に腐った人間や悪党が多くいます。

 

 

このような悪党は、弱ってどん底に落ちた弱者を徹底的に食い物にしようとする卑劣な人種です。

 

 

溺れる者は藁をもつかむ心理を逆手にとって罠にハメようとする犯罪組織の腐った人間どもです。

 

 

闇金や悪徳業者などの詐欺グループがこれらに該当します。

 

 

あなたは、自己破産して、信用情報機関ではブラックリスト扱いとなって、しばらくはクレジットカードを作ることもローンやキャッシングを利用することもできません。

 

 

すべてを現金でやり取りしなければならなくなるのが原則です。

 

 

闇金はここをピンポイントに狙ってきます。

 

 

特に最近は、最初に紳士的な対応で安心させて食らつこうとする狡猾な「ソフト闇金」」の暗躍に注意が必要です。

 

 

ですが、是非とも忍耐してほしいと思います。

 

 

自己破産後の方が、悪いやつらに狙われているという自覚をもって、十分注意して安易に闇金などの悪徳業者にはに手を出さないようにしてください。


 
自己破産,闇金,悪徳業者,ブラックリスト