もう自己破産しかないのか??自己破産の方法とは!?

もう自己破産しかないのか??自己破産の方法とは!?

 

方法

毎日毎日借金の返済に追われ、この先の将来が不安・・・。

 

 

もうどうしたらいいかわからない・・・。

 

 

そんなあなたに救いの手を差し伸べましょう!

 

 

「自己破産」は債務整理の中でも最後の手段といわれています。

 

 

他の債務整理の方法を使っても救済が難しい人のために最後に残された方法が「自己破産」といってもいいでしょう。

 

 

自己破産といえば、テレビのワイドショーで芸能人が自己破産したとか耳にしたことはあるはず。

 

 

自己破産したら借金はどうなるの?その後の生活はどうなるの?

 

 

自己破産ってどんなものなの?どうやってしたらいいの?

 

 

ここではそんなさまざまな疑問にお答えします!

 

 

 

自己破産とは一体?

方法
自己破産とは裁判所に申し立てを行うことで借金の返済を全額免除される債務整理のことです。

 

 

任意整理のように債権者と交渉するわけではなく裁判所とのやりとりなので債権者の同意なしに一方的に返済が免除されます

 

 

どの債務整理でも共通するのですが、自己破産においても手続きを開始すれば返済の督促などは全てストップします。

 

 

 

自己破産って自分で出来るの?

もう自己破産をするしかない!じゃあ裁判所へ行こう!

 

 

いいえ、その前に専門家へ相談することを強くおすすめします

 

 

まずは本当に自分には自己破産しか道がないのかどうか専門家にジャッジしてもらいましょう。

 

 

あなたに合った債務整理を考え適切にアドバイスしてくれますよ。

 

 

自己破産は誰でも出来るわけではありません。

 

 

借金の種類や生活状況によって認められない場合もあるので専門家に見極めてもらいましょう。

 

 

また実際に債務整理をする上でも、自分自身で債務整理の手続きを行うことは大きな手間と時間がかかります。

 

 

手続きには専門的な知識を必要とするからです。

 

 

自己破産においては裁判所を通して手続きを行いますが、裁判所へ提出する書類は膨大で手続きも複雑なので専門家に依頼することで手続きがスムーズに行えるでしょう。

 

 

また債権者とのトラブルも避けられるのも安心ですね。

 

 

任意整理などの他の債務整理においても、債権者と直接返済の減額などを交渉するので、専門家の豊富な知識と経験がスムーズな手続きに繋がりますよ!

 

 

 

自己破産の手続きの流れは?

専門家へ相談し、自己破産をすることが決まったあなた。

 

 

では自己破産の手続きはどのように進んでいくのでしょうか?

 

 

まず裁判所へ破産手続開始申立書を提出します。

 

 

自分の居住している場所を管轄している地方裁判所へ提出しましょう。

 

 

提出して一ヶ月程度で裁判所から呼び出しがあり、裁判官から申し立ての内容などを質問され、支払い能力の有無などを判断されます。

 

 

ここで認められたらいよいよ破産手続きの開始!

 

 

国が発行している機関紙官報に名前が掲載され、破産手続きが進んでいきます。

 

 

ここで裁判所によるヒヤリングがもう一回あり、その後借金が免除されるかどうかの決定が下る=自己破産が確定します。

 

 

 

自己破産のデメリットを知っておこう!

方法
自己破産をすれば借金がゼロになる!!と喜んではいけません!

 

 

実は自己破産にはデメリットがたくさんあるんです。

 

 

借金の種類によっては自己破産が認められないことや官報に名前や住所が掲載されることはすでに触れましたが、そのほかにもまだまだあります。

 

 

まず20万円以上の財産は全て没収されます。

 

 

車や家、家財道具なども対象になるので要注意。

 

 

生活に必要な最低限の預貯金のみ手元に置いておくことができます。

 

 

自己破産すると弁護士や司法書士、警備員などの特定の職業に就けなくなるため、それらの職業の人は転職や辞職をしなくてはなりません。

 

 

信用情報機関にも名前が載るためクレジットカードやローンも組めません。

 

 

携帯電話端末の分割支払なども組めなくなるなどなにげない日常生活へも影響を及ぼします。

 

 

保証人がいる場合は保証人に返済義務が発生することになるので十分に考えましょう。

 

 

 

まとめ

自己破産の手続きの流れ、お分かりいただけたでしょうか?

 

 

何度もいいますが、自己破産は債務整理の最後の手段です。

 

 

専門家へ相談し、あなたに最適の債務整理を考えてみませんか?

 

 

明るい将来のため、もう一度人生をやり直すため、勇気を出して一歩を踏み出しましょう!


 
方法