債務整理の手引…債務整理の基本をお教えします!

債務整理の手引…債務整理の基本をお教えします!

 

債務整理

この記事を読んでいるあなたは債務整理をお考えですね?

 

 

毎日借金に苦しんでいる。早くこの地獄から抜け出したい…!

 

 

そんなことを考えているのはあなただけではありませんよ。

 

 

債務整理って最近よく聞くけど、本当に今の生活は変わるの?

 

 

明るい未来が待っているの?そんな心配をしてしまうとなかなか一歩を踏み出せなくなりますよね。

 

 

今日は債務整理への勇気がなかなか出ないあなたのために、債務整理で気になる疑問にズバリお答えします!

 

 

今からお話することは債務整理の基本となることですから債務整理について初めて知る人の手引きになればいいなと思います!

 

 

 

債務整理の疑問を集めてみました!

債務整理について初めて調べてみた人にとって単純に知りたいであろうことを何個か挙げてみました!

 

 

・債務整理って一体なんだ?
・債務整理の種類を教えて
・誰に相談したらいいの?
・債務整理後の生活は?
・債務整理の費用はかかるの?

 

 

最初に気になることと言えばこんなところでしょうか?

 

 

債務整理、債務整理とはいうけれど、一体それを行うことで何が出来るのかどう変わるのかは一番気になるところですよね!

 

 

 

早速答えていっちゃいましょう!債務整理の基本!

債務整理

・債務整理とは一体なに??債務整理の種類を教えて!

債務整理とは借金を整理して生活を立て直すことです。

 

 

債務整理には任意整理、自己破産、個人再生、特別調停があります。

 

 

自己破産は耳にしたことがある人が多いと思います。

 

 

裁判所を通して手続きを行い、財産を全て没収される代わりに借金をゼロにすることができます。

 

 

任意整理の場合、裁判所を通さず債権者と直接交渉し、借金の減額や過払い金を請求できます。

 

 

自分で整理する借金を選べるので使用制限されたくないクレジットカード会社や保証人に迷惑をかけたくない借金を除外することが可能です。

 

 

他の債務整理と比べてデメリットも少ないので、多くの人が任意整理を利用しています。

 

 

特定調停は任意整理と似ていますが、裁判所を通すため強制執行停止制度(債権者による債務者の給料の差し押さえなどの強制執行を停止させる)を利用でき、法的効力が強いのが特徴です。

 

 

個人再生は任意整理と自己破産の中間をとった方法で、マイホームや車などの最低限の財産を残しながら借金を大幅に減額することができます。

 

 

借金の自己破産では認められなかった借金も対象になるので助かりますね!

 

 

 

・誰に相談したらいいの?費用は?

債務整理を考えたらまずは専門家へ相談することをおすすめします

 

 

債務整理の専門家とは国家資格を持った弁護士や司法書士を指します。

 

 

最近では債務整理の無料相談を行っている弁護士事務所のCMや広告などを多く目にすると思います。

 

 

債務整理は専門的な知識を必要としますので、法律に詳しい弁護士・司法書士の力を借りて行うことで
手続きも交渉もスムーズにできます

 

 

自分で行うことも不可能ではありませんが、専門的な知識を要するので手間と時間がかかることを肝に銘じてください。

 

 

債務整理の相談で気になるところが相談の費用

 

 

債務整理の無料相談や自治体による無料相談会などもあるので利用するとよいでしょう。

 

 

もちろん事務所によって費用はまちまちです。

 

 

あなたが信用できしっかりと最後まで依頼することで費用が発生することになりますが、もしどうしても費用を出すのが難しい場合は国による立替制度などもあるので積極的に活用しましょう!

 

 

 

・債務整理後の生活はどう変わる?

まずどの債務整理においても手続き開始とともに返済の催促はストップします。

 

 

これは追い込まれて悩んでいる債務者にとってはありがたいことですよね。

 

 

毎日かかってくる催促の電話や度々送られてくる催促の手紙などで精神的に追い込まれている人が多く、債務整理経験者からはこれが一番に助かった!という声が多く聞かれます。

 

 

もちろん借金の返済が楽になることも事実。

 

 

先ほども触れたように債務整理の目的は生活の建て直しですから、ここが一番重要!

 

 

ここまではメリットでしたが、債務整理には必ずデメリットがあることを忘れずに!

 

 

まず自己破産などの裁判所に手続きを通すものは官報といわれる政府発行の機関紙に名前が掲載されるので社会的な信用を失くすことになります。

 

 

また信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に名前が載るため、クレジットカードなどの利用も制限されたり、ローンを組めなくなったりするので日常生活にも支障が出てきます

 

 

債務整理の種類によっては特定の職業への就業もできないので注意しましょう。

 

 

 

まとめ

債務整理
債務整理の手引きはいかがだったでしょうか?

 

 

初めて債務整理について学んだ人にとってなかなかすぐに理解しにくいことが多いのが本音。

 

 

専門的な知識を必要とするのでなかなか難しいですよね。

 

 

債務整理を考えたら、まずは専門家へ相談することをおすすめします。

 

 

あなたに合った最善の方法に導いてくれること間違いなしです。

 

 

さあ!明るい未来を切り開く大きな一歩を踏み出しましょう!


 
債務整理