自己破産後でも、クレジットカードは使用できる?

自己破産後でも、クレジットカードは使用できる?

 

自己破産,クレジットカード,キャッシング,ローン

やむにやまれない経済的事情から、自己破産を裁判所に申し立て、それが認められた場合−。

 

 

全ての債務に対して免責となる代わりに、資産(財産)なるものはすべて差し押さえられ、債権者に配当されます。

 

 

しかし、自己破産前に作って使用していたクレジットカードの扱いはどうなっていくのでしょうか??

 

 

自己破産後は、ローンやキャッシングなどの債務は全てなくなりますが、クレジットカードやローンを新たに契約することはできず、すべて現金(キャッシュ)で生活していかなければならないというのはよく聞く話ですよね。

 

 

でも、自己破産した後であっても、急に貯金している現金以上のお金が必要になる事態もあったりします。

 

 

そんな時、少しでもキャッシングできたら本当に助かりますよね?

 

 

ここでは、自己破産前に作って使っていたクレジットカードが使えるか?使えないか?について、色んなケースを交えて、掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

自己破産するときに債権がなかったクレジットカードは使用できる可能性があります。

自己破産,クレジットカード,キャッシング,ローン
あなたが自己破産を裁判所に申し立てると、すべての債務状況を明らかにして申告しなければいけないので、債務の残があるクレジットカードの詳細な状況も提出する義務があります。

 

 

そうして、あなたの自己破産が成立した場合には、裁判所から債務があるクレジットカード会社各社に対して、「この人の債務は免責です」といった旨の通知を行います。

 

 

それによって、あなたは債務の免責と引き換えに、クレジットカード会社のブラックリストに載って(自社ブラックとも呼ぶ)二度と利用することができなくなります。

 

 

しかし、疑問に思うことがありませんか?

 

 

あなたが、自己破産以前に作っていたクレジットカードで債務がまったく無かったカードや、ローンやキャッシングなどをまったく利用せず、カードの使用実績自体がまったくないクレジットカードはどうなるのでしょうか??

 

 

裁判所からあなたの現状報告である「この人は自己破産したので免責です」といった通知が行くのでしょうか??

 

 

答は、ノーです。

 

 

債務の無いクレジットカードの場合には、裁判所への届け出の義務もなく、裁判所も、クレジットカード会社に対して何も行いません。

 

 

ということは、作っただけで使用実績のないクレジットカードの場合、クレジットカード会社は、あなたの信用情報を調べない限り自己破産した情報はわかりません。
下記の記事ではあなたの信用情報について詳しく説明をしていますので参考にしてみてください。
1度は調べておきたいあなたの信用情報!失敗しない信用情報開示請求!

 

なので、債務の無いクレジットカードおよび作っただけで使用実績のないクレジットカードの場合には、自己破産後であっても、使用できる可能性があります。

 

 

いくらクレジットカードが使えるといっても派手な使い方・延滞は絶対にやめたほうが良い。

自己破産,クレジットカード,キャッシング,ローン
自己破産前に作ったクレジットカードに債務が残っていない場合や、ローンやキャッシングを利用していない使用実績のないクレジットカードの場合には、そのまま継続使用可能なケースも多々あります。

 

 

これらのクレジットカード会社も、信用情報機関に加盟していますが、信用情報機関から勝手にあなたの自己破産情報は通知しません。

 

 

そのまま、平穏になにも波風が立たなければ、カード会社としても、ことさらあなたの個人信用情報を調べることもしないのであなたに自己破産歴があることはわかりません。

 

 

但し、調子に乗って、その継続使用可能なクレジットカードを派手に使ったり、支払いを延滞した場合には話が違ってきます。

 

 

いくら債務に残がなかったり、今まで使用実績がなくまっさらだったといっても、派手に限度枠ギリギリまで買い物をしたり、キャッシングしたりし始めると、会社側は、営業的な理由(融資枠を拡大しようとか)で、あなたの信用情報をチェックしはじめたりします。

 

 

この時に、自己破産情報も一発でバレますので、即、使用停止処分になります。

 

 

支払いの延滞は、論外で、一発で調べられて即使用停止です。

 

 

しかも、このようなバレ方をすると悪質だと見なされ、会社独自で、「この人は悪質だからずっとブラックリスト扱いで!」とする自社ブラックにされたりしてしまうので、本当に注意が必要です。

 

 

ということで、自己破産後に使えるクレジットカードがあったとしても、使うにしても地味にひっそりと使い、支払いはきっちりこなしていくことがポイントになります。

 

 

 

もし使えるクレジットカードがあっても、カードの有効期限で使用停止になることもある。

前述した通り、自己破産しても利用実績が無く、そのまま利用できるクレジットカードがあります。

 

 

その場合は使い方が派手にならないよう、支払いはきっちり延滞のないように、地味に使っていれば、その後もクレジットカード会社にバレずに使い続けることが十分可能です。

 

 

ですが、そのように細心の注意を払ってクレジットカードを使い続けていても、自己破産情報がバレてしまうケースもあります。

 

 

その一番が、「カードの有効期限に伴う再審査」です。

 

 

ほとんどのクレジットカードには「有効期限」が設けられています。

 

 

この有効期限設定の目的は、まず、カードそのものが物理的に摩耗したり、経年劣化したりするので、これを交換するためがひとつ。

 

 

そして、カードの偽造を防止する意図がひとつ。

 

 

さらに、一定期間ごとに、お客様の信用情報をチェックする「再審査」の目的がひとつです。

 

 

自己破産後も、運よく使い続けられたクレジットカードであっても、こうして有効期限を迎えた場合には、更新のために「再審査」にかけられます。

 

 

あなたの金融事故情報は、この際には必ずバレてしまうので、この時点でカードは使用停止処分となり、更新された新しいカードは送ってこなくなります。

 

 

 

まとめ

自己破産,クレジットカード,キャッシング,ローン
以上、あなたが自己破産後でも、クレジットカードを使い続けることは可能か?について、色々と掘り下げて考察してきました。

 

 

ここで、以上のポイントをまとめておくと、

 

 

まず、あなたが自己破産後であっても、債務の残っていないクレジットカードや作っただけでキャッシングやローンは未使用のクレジットカードであれば、継続して使うことが可能です。

 

 

いくら、継続して使用できるからいっても、利用限度額枠ギリギリまで使ったりすれば、融資限度枠を拡大しようと目について、その際に信用情報を調べられ、即使用不可になる場合があるので、注意が必要です。

 

 

上記の理由で、支払いの延滞などを起こせば、その時点で、あなたの信用情報が調べられ、その時にあなたが自己破産していることがバレて、使用停止処分になります。

 

 

更に、クレジットカードの有効期限を迎えると、カード更新のために「再審査」にかけられるので、その際に必ず自己破産情報はバレて、更新はされず、使用不可処分になります。

 

 

というような感じなので、自己破産後に、あなたに継続して使えるクレジットカードが残っていたとしても、必要なことだけの最低限の利用に抑えておくのが、クレジットカードを使い続けるコツだと言えるでしょう。

 

 

下記の記事ではあなたの信用情報が現在どのような状況になるかを調べる信用情報開示請求について詳しく説明をしていますので参考にしてみてください。
1度は調べておきたいあなたの信用情報!失敗しない信用情報開示請求!


 
自己破産,クレジットカード,キャッシング,ローン