借金返済が不可能な人がまず先に取るべき行動とは?

借金返済が不可能な人がまず先に取るべき行動とは?

 

借金返済,不可能

様々な事情から、借金を重ねてしまう人は後を絶ちません。

 

 

銀行のカードローンであったり、消費者金融のキャッシングであったり、気が付いた時には借金の限度額まで借りてたなんてことは珍しくありませんね。

 

 

このように不用意にまたは不可避的に借金を重ねてしまい、借金返済が不可能になってしまった人はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

まず、はじめに行うべきこととしては、銀行や消費者金融などに連絡し、現状を説明して理解してもらう努力をすることでしょう。

 

 

その上で、支払いを待ってもらうように頼んでみることでしょう。

 

 

この場合には、「いつなら支払いが可能なのか?」を具体的に明言する必要もあります。

 

 

その間に、自力で借金返済が不可能だと判断すれば、家族や友人などに頭を下げて援助を頼んでみることでしょう。

 

 

とはいえ、非常に恥ずかしいことですし、借金返済が不可能になるまで借金するとはどういうことか?と叱責されてしまう恐れもあります。

 

 

ここで、考えなくてはならない根本的な問題があります。

 

 

それは、この借金返済が不可能な状態が、一時的な問題なのか?それとも、来月以降も永続的に借金返済が不可能になりそうか?ということです。

 

 

後者の場合なら、本気で考える必要があります。

 

 

ここで、一部の人たちが誤解していることがあります。

 

 

それは、借金には時効があるから、借金返済が不可能なまま放置して夜逃げなどをし、債権者から姿をくらましてしまうようなケースです。

 

 

しかし、現実には、時効が来る前に債権者から裁判を起こされたりしますし、そうなると借金の時効は成立しません。

 

 

だけでなく、強制執行(差し押さえ)などを食らってしまうことが現実です。

 

 

いくら借金返済が不可能だからと言っても、ばっくれて放置したり時効を待つといったやり方は最悪の選択肢だと思っておいてください。

 

 

以下では、借金返済が不可能になった債務者が取るべき最善の道は何か?ということについて考察していきたいと思います。

 

 

 

まずは気軽に無料診断からはじめてみてはどうでしょうか?

借金返済,不可能
借金返済が不可能な状態が一時的ではなく、継続的に続く場合には、冷静に考えて、その後も借金返済はずっと不可能だと思います。

 

 

債務者自身もそう感じている場合には、具体的な方策を考える必要が出てくるでしょう。

 

 

借金返済がこの先も不可能っぽいと感じている債務者は、まずは、法律事務所の無料診断からはじめてみるのが良いでしょう。

 

 

借金返済が不可能になった人をはじめ多重債務者の案件、債務整理を得意としたり専門とする法律事務所も数多くあります。

 

 

そのような借金問題に関する無料診断をまずは利用して相談してみると良いと思います。

 

 

とはいえ、いくら専門家が相手だと言っても、借金返済が不可能な事情を面と向かって赤裸々に初対面の人物に話すのは抵抗があるという人も多いと思います。

 

 

しかし、その点は安心して良いと思います。

 

 

最近では、匿名のまま、実際に法律事務所に足を運ばなくてもメールのやり取りや電話だけで、弁護士や司法書士など専門家のアドバイスを受けられるサービスがあります。

 

 

匿名であれば、借金返済が不可能になっている事情なども具体的に打ち明けられることに抵抗もないでしょう。

 

 

とにかく、まずは具体的に一歩踏み出してみることが大事です。

 

 

 

債務整理することは悪いことではありません。

多重債務状態に陥り、借金返済が不可能になる理由は人それぞれで事情も様々です。

 

 

近年多い例としては、奨学金を借りて大学に進学したのは良いけど、卒業後低賃金の就職先にしか恵まれず、奨学金の借金返済が不可能になってしまったケースなどが目につきます。

 

 

いかなる事情からだとしても、借金返済が不可能になる債務超過状態に慢性的に陥ってしまうと、生活自体が破綻してきます。

 

 

借金返済が不可能な毎日が続けば、毎日借金のことで頭がいっぱいになり、気の休まる暇もなく、精神はヘトヘトに疲弊してしまいます。

 

 

非常に強いストレスに日常的に晒され続けて、生活は滅茶苦茶になってしまい、睡眠もロクとれないほど心身も不調和な状態になってしまいます。

 

 

このような借金返済が不可能で、借金問題に悩まされ続ける日々が続くと、やがてうつ病など精神疾患に冒され、最悪の場合、自殺や一家心中などといった悲劇が起こります。

 

 

こういう最悪の事態になる前に、借金返済が不可能だと判断した債務者は具体的な方策を講じる必要があります。

 

 

単刀直入に言えば、借金返済が不可能だと判断したら、速攻で債務整理をすべきです!

 

 

法律的な解決が必要な段階なのです。

 

 

債務整理には、そのケースによって、任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産と種類がありますが、すべて法律によって定められている正当な手段です。

 

 

借金返済が不可能となった時には、自己破産をはじめとする債務整理は決して悪いことではありませんので、二の足を踏まないでください。

 

 

 

債務整理は、弁護士と司法書士のどちらに依頼するのが良いのか?

借金返済が不可能となって、現実的に債務整理を考える場合には、法律事務所の無料診断などを利用して専門家に依頼するのがベストでしょう。

 

 

その際に、弁護士と司法書士、どちらに依頼するのが良いのでしょうか?

 

 

結論から言えば、ケースバイケースで、弁護士と司法書士、どちらに依頼しても良いと思います。

 

 

ただし、弁護士はオールマイティで、「代理権」を持つので、債務者に代わって基本的にすべての債務整理の手続きを代行することができます。

 

 

なので、借金返済の不可能になった債務者でも、仕事が忙しかったり時間的に余裕のない人は、弁護士に依頼する方が良いでしょう。

 

 

借金返済が不可能になった債務者でも、免責許可を得たい人は自己破産を選択するケースが多いでしょう。

 

 

そして、自己破産の手続きなどの場合には申立人は何度か裁判所に足を運んで裁判官とやり取りする必要などがあるわけです。

 

 

ですが、最近では、この裁判所に同行するのも弁護士だけでなく司法書士も認めているところも多くなっています。

 

 

ですから、比較的時間に余裕のある借金返済が不可能な債務者の場合には、司法書士に依頼しても良いと思います。

 

 

コスト的には、弁護士より司法書士の方がリーズナブルなのが相場だからです。

 

 

いずれにせよ最もポイントとなるのは、「信頼できる専門家に依頼する」ということです。

 

 

特に、債務整理の最終手段である自己破産の場合などは、免責許可を受けるまでには半年〜1年間程度の長い時間がかかります。

 

 

このような長期間の付きあいをする相手として弁護士であれ司法書士であれ、まずは「信頼できる相手」であることが第一義と言えるからです。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

 

多重債務などで、借金返済が不可能だと判断したら、具体的な方策を練ることが急務です。

 

 

まずは、法律事務所の無料診断などを受けて有効なアドバイスを授けてもらい、その上で信頼できる専門家に債務整理を依頼することです。


 
借金返済,不可能