借金返済,サクラ

世の中、アベノミクスによる好景気だと報じるのは、一部の企業の収益と株価にとどまっていて、一般の国民の暮らしは一向に良くなっていっている実感はありませんよね。良くなっているどころか、労働者の環境は日増しに悪くなっていっている感じは強く見受けられます。 今や、企業の約4割の労働者は、非正規雇用の人員であ...

自己破産,退職金見込額

借金がもう限界で、もはや借金地獄から抜け出すには自己破産するしかない!!そう心の中で決断している人も多いのではないでしょうか?ですが、もし債務者がサラリーマンとして会社勤めしている場合、将来定年退職してもらうことになる退職金は「資産」と見なされて没収されてしまうのでしょうか??更に、既に退職金を受け...

自己破産,東京

日本において東京という大都市は、心臓であり頭脳であり、肝である首都です。政治経済文化すべてが東京に一極集中している歪な構造を国家が取りつづけているために、ビジネスも東京に行かなければ成立しないケースが多々あるのが日本の遅れに繋がっている現状です。そういう構造上、大阪や名古屋や福岡などといった東京に準...

自己破産,不可能,ケース

様々な事情から借金を重ねて多重債務者になってしまった場合、自転車操業の挙げ句、自分の力ではもはや借金の返済が不可能になってしまう債務者も数多くいます。そうした最終事態に陥ってしまった場合には、自力で返済していくことは無理なケースがほとんどですから、多くの場合には債務整理という法的な措置を検討します。...

自己破産,借金,夜逃げ

生活苦などから、毎月少しづつあちこちから借金するようになると、やがてそれが積もり積もって膨らんでしまうことはよくあります。自転車操業でも、毎月回して返済していけるうちは良いのですが、債務超過といって、月々の利息の返済させ困難になる状況に陥ってしまいがちです。そうなってくると、いわゆる借金地獄の状態に...

多重債務に陥ってしまう人には様々な経済的事情や理由がありますが、その中でも、キチンと働いているのに生活苦から借金を重ねて債務超過になってしまう人も結構存在します。このようなケースでは、たいていは勤務先の会社に問題があったり、雇用形態(契約形態)に問題があるというのがほとんどです。まず、雇用形態(契約...

自己破産,弁護士事務所

自己破産を考えている債務者は、法律のプロである弁護士のいる法律事務所に相談して、依頼するケースがほとんどです。とはいえ、特に地方などの場合においては、自己破産を含む債務整理をあまり扱ったことのない専門外の弁護士も多いのが実情でしょう。一方、債務整理を専門としていると宣伝しているような法律事務所であっ...

自己破産,離婚,偽装離婚,妻

旦那が債務整理(自己破産)するって言ってるけど、嘘ついてばかりで本当に信用できない!旦那が自己破産した時に、私も肩代わりする必要はあるの?いっそ、離婚した方が私にも迷惑が掛からないし、いいんじゃないかな?この記事ではこんな疑問を解説します。この記事を書いている私は、勤めている会社で約8年間の法務経験...

自己破産,免責,税金

免責許可決定を得ても、例外的に免責されないお金(支払い)というものがあります。これが、「非免責債権」と呼ばれるものであり、破産法にその規定が細かく記載されています。ここでは総括に意味も含めて、それらの非免責債権の主なものを紹介し、免責されない債権とはいかなるものなのか?その対策なども含めて考察してい...

自己破産,職業,資格,失職

自己破産は、一般的にネガティブなイメージや誤解が多々あります。自己破産することで選挙権が剥奪されるような話もありますが、選挙権や被選挙権などの公民権は一切失われることはありません。また、年金受給額の減額や、年金受給権の剥奪などもありません。<勘違いが多い自己破産後の生活。老後の年金受給権について>そ...

自己破産 やってはいけない,財産隠し

借金がどうしても返せない!自己破産で、申請する必要がある財産って何があるの??もし、財産を隠して、バレた場合どうなるの?やってはいけないことって、あるの?この記事ではこんな疑問を解説します。この記事を書いている私は、勤めている会社で約8年間の法務経験があります。取引相手との訴訟関係や、取引相手への取...

自己破産,会社,給与,バレる

債務超過に陥った多重債務者を、経済的に再出発させるための最後の救済措置ともいって良いのが自己破産です。債務不履行による取り立てで精神的に追い詰められた人なら、一刻も早く自己破産の申し立てをした方が良いのは言うまでもありません。とはいえ、自己破産の申し立てを躊躇する面があるのも理解できます。特に、会社...