自己破産のメリットとデメリット!あなたはどちらを選びますか?借金を整理して不安のない生活を!

 

自己破産 メリットデメリット

あなたは今現在、借金問題で苦労していませんか?

 

 

このサイトでは、あなたや、あなたの家族・親戚 ・友人などが多重債務の悩みで、どうにもならなくなってしまっている場合に、自己破産した時のメリットとデメリットを説明しています。

 

自己破産のメリットやデメリットを弁護士先生が詳しく動画で説明しています。

 

動画中の弁護士先生もおっしゃっている通り、自己破産は不安なことも多いですが、メリットになることもあります。

 

⇒匿名・無料で借金診断できるのはご存知ですか?

 

自己破産は、多重債務による債務不履行の状態になってしまい、生活がめちゃくちゃになってしまった人のために生活を再建するために作られた国による救済措置です。

 

国が定めた法律による救済措置なので、数々のメリットとデメリットが存在します。

 

 

例えば、自己破産を自分で申請した場合のメリットとデメリットや、弁護士や司法書士に依頼する場合のメリットとデメリットも存在します。

 

 

自己破産に関する疑問をメリットとデメリットに分けてしっかりと理解し、借金問題の解決に役立ててください。

 

 

特に借金問題にでは苦労していない方には、それこそメリットとデメリットも関係ない情報かもしれませんので、このサイトはあまり役に立たないでしょう。

 

 

本当に借金問題で困っている方のみ、すなわち、自己破産によって生ずるメリットとデメリットについて知りたいという方のみ、続きを御覧頂ければと思います。

 

 

 

借金問題のメリットとデメリット

自己破産 メリットデメリット
借金は、一時だけのメリットの為にお金を借りてしまい、気がつくと返済できないほど借りてしまっていて、後戻りが出来なくなっているというように、メリットとデメリットの差が激しいものです。

 

 

その時にお金が必要な人には、お金を借りることでメリットに感じるので、今後も借金問題はなくならないのでしょう。

 

 

銀行ローンや大手消費者金融などは、利息も抑えられているので、手軽に利用できるイメージがありますが、闇金などの危ないところは強烈な利息と、強烈な取り立てがあるので、デメリットが大きく注意が必要です!

 

 

一時のメリットを通り越して、デメリットしかない取り立て!

実際にあった闇金の例を挙げてみましょう。

 

 

鳴り止まない電話・・・・

闇金など危ないところの支払日が遅れると、毎日のように催促の電話があります。

 

 

闇金からは執拗に人間を人間とも思わないような汚い言葉が浴びせられ、利息の支払いを迫られます!

 

 

このように闇金は何のメリットもないどころか、デメリットしかなく、人生の危機です。

 

 

こういったデメリットのせいで、借金問題以外にも人間不信に陥ってしまう人も多くなっています。

 

 

 

終わりのない催促・・・・

残業続きでもやっと帰ってくると、郵便受けには闇金からの張り紙や、ドアにも張り紙の嵐!!

 

 

書いてあることはほぼ同じ内容で、日に日に利息の金額が上がっていくだけ・・・

 

 

給料日が近くなってくると、鳴り止まない電話と、郵便受けやドアには毎日一杯になるほどの張り紙の嵐!

 

 

何のメリットもありませんね。

 

 

近所にもお構いなしの怒声で取り立てにくる闇金連中・・・

休みの日に家にいても、闇金からの呼び出し音!

 

 

居留守を使ってもかなりの怒声で『金返せ!!ドロボー!!』などと怒鳴る闇金。

 

 

メリットが無いどころではなく、近所に対しての申し訳無さ、恥ずかしさで人間不信や大声の恐怖心による心的外傷ストレス障害(PTSD)になりかけの日々。

 

 

確かに一時のメリットを感じて借金をしたのはあなたか家族かもしれないけど、デメリットである取り立てからなんとか開放されたいと思いませんか?

 

 

 

債務整理を代表する自己破産で普通の生活が取り戻せるメリットが得られます!

こうした借金問題に悩んでいる人は、自己破産で大きなメリットを得ることができます!

 

 

実際に平成25年から平成27年までの間で、自己破産した人の数は、年間平均7万5千人もいます。

 

 

実に毎日300人以上の人が自己破産をして、借金問題を解決し、普通の生活を取り戻すというメリットを得ているわけです。

 

 

あなたが借金問題で困っているであれば、債務整理があるということを理解してください。

 

 

もちろん、債務整理や自己破産は借金が免責されるというメリットがある分、デメリットもあります。

 

 

しかし、債権者からの執拗な取り立てというデメリットに怯えて生活するぐらいであれば、債務整理を検討してみるのも大きなメリットに変える手段の一つです。

 

 

債務整理の手続きの比較

債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停の4つの手続きがあります。

 

 

借金の減額の度合いや、手続きにかかる期間、手続きの方法や手間などいろんな違いがありますので、下記の表で簡単に違いを比較してみましょう。

 

自己破産

個人再生

任意整理

特定調停

借金に対するメリット

基本的に借金がゼロ

借金額を大幅に圧縮

利息カットが基本

☓~◯

交渉難航もあり

手続き期間

6ヶ月~1年以上

3~6ヶ月

1~6ヶ月

3~6ヶ月

※相手次第

 必要書類

財産証明・通帳明細・住民票など

財産証明・通帳明細・住民票など

書類は証明書関係の最小限

全て自分で準備

財産放棄の

必要性 

現金99万円以上は

基本的に放棄要

ローン支払中の財産

不要

不要

家族への影響

家族が保証人になっていなければ影響はない。 家族が保証人になっていなければ影響はない。 保証人がない借金のみ整理すれば、影響はない。 保証人がない借金のみ整理すれば、影響はない。

家族に知られる可能性

基本的に財産の処分があるので難しい 基本的に財産の処分があるので難しい 内密に対応してくれる法律事務所であれば、可能 裁判所からの通知などの連絡の対応が出来れば可能

詳細

自己破産で得する方法  個人再生を選ぶべき??  任意整理は何が得なの?  特定調停って、本当にお得なの? 

体験談

2回目の自己破産 

-

30代の任意整理 

-

 

 

 

自己破産のメリットとデメリットを理解すれば、借金問題なんか怖くない!

あなたが借金問題に悩んでいて、毎日取り立てに怯えているのであれば、自己破産はメリットばかりで、大したデメリットはないかも知れません。

 

 

自己破産は国が決めた法律により、裁判官が現状を把握して必要と判断すれば、借金を免除して自己破産者に普通の生活が取り戻させるメリットを与えている分、自己破産した場合にも多少のリスクやデメリットを与えています。

 

 

自己破産という制度は、債務者にメリットばかりでなく、リスクやデメリットも与えています。

 

 

そうしないと、債務を抱えている全ての人が自己破産をしてしまい、貸金業が成り立たなくなるので、一定のルールを定めています。

 

 

しかし、自己破産のメリットやデメリットを理解しておき、事前にあなたが心の準備をしておくだけで、自己破産によるデメリットは怖くはありません!

 

 

自己破産の代表的なデメリットをピックアップしてみました。

 

 

20万円を超える不動産や動産は処分される

自己破産は借金問題を解決してくれる債務者に対する救済措置ですが、一方で債権者に取っては法的に借金を踏み倒されるので、デメリットでしかありません。

 

 

債権者から見れば、自分の財産であるお金をあなたに貸して利息を得るのは大きなメリットですが、貸した金額を堂々と踏み倒されることになり、元金すら返ってこなくなるデメリットを伴うので、良いことは一つもありません。

 

 

そこで、債権者に対しては、少しでも債権を回収させるため、債務者が所有している財産のうち、20万円を超えるものについては換金(処分)して、債権者に平等に分配させるメリットを与えたわけです。

 

 

ただし、現金で99万円を超えないものについては、自己破産者の生活安定のための資金として保護されますので、ある程度の現金は持ったままでも良いことになっています。

 

 

自己破産前にしてはいけないこと!財産隠しは意外とバレる?

 

 

社会的な信用が失われ、新たにクレジットカードやローン契約ができなくなる!

一般的に社会人として働いている方であれば、クレジットカードを持っている方は多いと思います。

 

 

クレジットカードのメリットといえば、現金がなくても支払いを後回しにできるので、急な出費でも対応できるというメリットがあります。

 

 

また、クレジットカードを使い過ぎたときにも、支払いをリボ払いにすることで、一定金額の返済ができるようなメリットもあります。

 

 

しかし、自己破産すれば、社会的な信用が失われるデメリットを伴います。

 

 

具体的には、国が発行する情報誌に自己破産した人の個人情報が掲載されるため、信用情報調査機関にも自己破産をした個人情報が掲載されます。

 

 

クレジットカード会社やローン会社は、信用情報調査機関で信用情報を得ますので、自己破産した人はいわゆるブラック扱いとなって、基本的にはどこの金融機関も取引をストップします。

 

 

これによりクレジットカード会社はあなたとの契約を破棄し、クレジットカードを利用できなくします。

 

 

自己破産後でも、クレジットカードは使用できる?

 

 

ただし、信用情報機関に自己破産情報が掲載されるのは、5~10年間程度となっていますので、5年経てば、分割払いなどやクレジットカードの新規契約が可能になってきます。

 

 

今は、信用情報機関のホームページから自分の登録情報を手数料1000円程度で、調査依頼が可能なので調べられることをオススメします。

 

 

また、信用情報は、個人情報なので一般に決して出回ることがないため、近所の人にあなたが自己破産したことがバレるようなデメリットを感じることはまずないでしょう。

 

 

 

自己破産することで失業してしまう職業がある

自己破産を申請すれば、失業してしまう職業があります。

 

 

 

自己破産を申請して、免責許可されるまでのおおよそ3ヶ月~6ヶ月の間は、該当する職業に就いている方は、失職というデメリットがありますが、一時的なのでそれほどデメリットでは無いかも知れません。

 

 

自己破産で失職する職業とは!?

 

 

以上のようにデメリットとしては、大きく3つとなりますがこの他にも細かな制限が設けられています。

 

 

細かな条件については、あなた自身の状況によっても変わってきますので、あなた自身の状況をまずはしっかりと分析して、何がデメリットになるかを把握・認識しておくことが必要です。

 

 

メリットとデメリットをしっかりと把握・認識することで、もしかしたらあなたにとってはメリットしかなく、大したデメリットがない可能性もあります。

 

 

 

自己破産を専門家に依頼するメリットとデメリットとは!?

自己破産 メリットデメリット
さて、あなたが借金問題を分析した末、「こんな生活はメリットがなくデメリットだらけで、身も心も滅ぼすだけだから、思い切って自己破産しよう!」となっても、じゃあ、どうすれば良いか悩みますよね?

 

 

実は、借金問題で自己破産を希望する人の中には、債権債務・財産・貯金状況などを調べることにより、自己破産しなくても、普通の生活に戻れる可能性がある人も含まれています!

 

 

要因はさまざまですが、債務整理の中でも、個人再生、特定調停、任意整理といった方法で、債務の大幅な減額などを行い自己破産で財産までを失うというデメリットを受けなくても、普通の生活を取り戻せる可能性もあります。

 

 

また、最近テレビやラジオでも話題になっている過払い金を債権者に請求することで債務がなくなるばかりでなく、逆に支払いすぎた利息を取り戻すことで、自己破産する必要がなくなる可能性もあります。

 

 

具体的にはどうすればいいのか?どうやって見極めるのか?借金整理の最新をお届けします。

 

 

やはり債務整理に強い弁護士や、司法書士に依頼することで、債務者の状況に合わせた方針を考えてくれますので、まずは無料診断でご自分の状況を細部まで伝えることが大切です。

 

 

債務整理に強い弁護士や、司法書士は、相談者にとって一番メリットになる方法、またデメリットをいかに減らす方法を日々勉強し、実施している専門家です。

 

 

こうした専門家に頼ることで自己破産する上でのメリットとデメリットを、あなたの状況に合わせて説明を受けることも可能です。

 

 

さらに債権者との間に入って交渉してくれますので、心にゆとりが生まれますので、あなたは依頼したその日から平穏な生活を取り戻すという大きなメリットを得ることも可能です。

 

 

専門職に依頼することで、ある程度の費用が必要になることがデメリットにはなりますが、それ以上にメリットは多く存在します。

 

 

自己破産などの債務整理を弁護士に頼むメリットとは?

 

 

本当に借金問題で悩んでいるのであれば、最近は無料診断を受け付けているところも数多く存在しますので、一度ダメ元でも相談してみてもデメリットにはならないのではないでしょうか。

 

まずは無料診断を受けて、ご自分の状況をきちんと把握することからでも始めてみてはどうでしょうか?

 


 

今月の支払いができないときに知っておく知識

自己破産 メリットデメリット

現在、新型コロナウィルスの影響により深刻な経済状況の方々も少なくありません。
運悪く新型コロナウィルスに感染してしまい、お亡くなりになられた方々は本当にお気の毒に思います。

 

また、連日ワイドショーなどで取り沙汰されているように政府からの賃金保障制度などもいまだ不明瞭なまま、どうなるかもわからない事態が発生しています。

 

そんなときに、最初に犠牲になるのが、フリーター・パートタイマー・日雇い労働者・中小企業のサラリーマンです。ワイドショーなどでも紹介されていますが、新型コロナウィルスの影響による会社の経営難に内定取消しに始まり、突然の解雇通知、予定していた仕事のキャンセルなど、本当に経済は大丈夫なのかと思いたくなるようにことばかりです。

 

さらに今月の支払いができないのであれば、カードローンやカードのリボ払いでの借金をされている方も多いのではないでしょうか?

 

このページでは、月末に迫って来ている毎月の支払いはどうするべきか?今後の支払いはどうすれば良いのか?などお金に関する不安に少しでも知っておけば良い知識を段階ごとにご紹介していきます。

 

 

クレジットカードがあれば、リボ払いや分割払いを考える。

自己破産 メリットデメリット
本当に一時しのぎにはなりますが、来月からの支配額がそれほどないことが分かっていることを前提に入会されているカードのリボ払いや分割払いを考えてみるのはどうでしょうか?

 

ただ、リボ払いや分割払いは、当然のことながら月々の支払額に対しての利息(金利)の上乗せが発生し少額であれば、少しの金利で済みますが、高額になってくると合わせて金利も高額になってきます。

 

基本的にリボ払い・分割払いの金利は、カード会社にもよりますが、約14%~18%と決して安い金利ではないので、注意が必要です。

 

 

致し方無い場合は、カード会社・ローン会社に連絡をする。

自己破産 メリットデメリット
今回の新型コロナウィルスの影響は、すでにリーマンショック以上の経済損失と話が出ている以上、カード会社や、ローン会社も、安易に月々の支払いができない方々が発生することが予想できるはずです。

 

ただ、連絡を怠った状態では、カード会社・ローン会社は、支払いができない状態になっているのは当然のことながら知りません。

 

こうなった以上思い切って連絡をしてみて、一般的にはなりますが解決策を教えてもらうのも一種の手かもしれません。

 

いずれにしても、カード会社・ローン会社は、貸したお金を返済してもらうようにするため、返済できる日をあらかじめ考えておく必要があります

 

 

絶対にやってはいけないこと

自己破産 メリットデメリット
上記2通りの方法でも何も解決できない場合、どうしても甘い誘惑に目が行ってしまい、悲惨な目にあった人も数多くいます。

 

代表的なものが「クレジットカードの現金化」です。
本来クレジットカードは、ショッピングをするときに現金を後払いする代わりにほしい商品と交換するために使う便利なものです。

 

クレジットカードで建て替えできる金額の幅は、その人の信用情報により金額が決定されています。これがいわゆるクレジットカードのショッピング枠のことです。

 

悪質業者は、このクレジットカードのショッピング枠を利用して、特定の商品を購入させて、その商品を買い取るという形であらかじめ手数料を差し引いた金額を現金で振り込むなどの方法を行っている場合があります。

 

一般的なクレジットカードでは、上記の行為は完全にカード会員規約の違反になりますし、それがばれた場合は、利用停止になる可能性もあります

 

また、一時的にその月はしのげたとしても、来月の支払からクレジットカードの支払いが上乗せされるので、カードローンで借金するよりも高金利の場合がほとんどです

 

 

債務整理を検討するのも1つの手段

自己破産 メリットデメリット
今回のような新型コロナウィルスの影響による経済低下の状況で、政府の明確な補助もなく、今月以降の支払いについて本当に悩んでいる場合は、弁護士や司法書士に債務整理の相談をしてみるのも1つではないでしょうか?

 

債務整理の方法にもその人に合わせた方法がいくつかあります。
・自己破産
・個人再生
・任意再生など

 

ここでは説明を省きますが、債務整理のプロに相談し、いち早く毎月の支払いに悩む状況から抜け出すことを検討してみるほうが良いのではないでしょうか?

 

 

まとめ

新型コロナウィルスの影響が社会全体の経済を低下させている以上、当分の間は、定職につけずに毎月の支払いにも困る状況が続く以上、なんらかの対策を検討する必要があります。

 

下手にあがいて信用情報を失うよりも、現在の借金総額と向き合い、債務整理を検討してみるもの1つの手ではないでしょうか?


自己破産 車
自己破産と車の関係

自己破産しても利用できる「中古車販売店の自社ローン」って、どんなローンなの?実際に、自社ローンを使っている中古車販売店って、どうやって探すの??こんなお悩みについて解説します。この記事を書いている私は、勤めている会社で約8年間の法務経験があります。取引相手との訴訟関係や、取引相手への取り立て、自己破...

信用情報開示
自己破産と車の関係

最近徐々に増え始めている自動車リースや、ローンを組んで車や自宅を購入するには、あなたの「信用情報」がポイントになってきます!自己破産後であっても、信用情報さえしっかりしていれば、自動車ローンや自動車リースを組むことが可能なのは、下記の記事でも紹介させて頂きました。自己破産後の自動車ローン申込で失敗す...

自己破産 車
自己破産と車の関係

自己破産しても車を残す方法ってないのかなぁ?自己破産してもすぐ自動車ローンを組む方法ってないかなぁ?こういった疑問を解説します。この記事を書いている私は、勤めている会社で約8年間の法務経験があります。取引相手との訴訟関係や、取引相手への取り立て、自己破産による差押えなども50件以上経験した中で得た知...

借金 支払いできない
債務整理の豆知識

「今月末に迫っている借金の支払いができない?どうしたら、いいの?このまま借金の支払いを放っておいたら、どうなるの?借金の取り立てってどういうものなの?」このような疑問を解説します。この記事を書いている私は、勤めている会社で約8年間の法務経験があります。取引相手との訴訟関係や、取引相手への取り立て、自...

自己破産 車
自己破産と車の関係

「自己破産したら、今乗っている車は処分されるのかなあ??」「いま、借金が多すぎて返せなくなっているから、自己破産を考えてるけど、自己破産したら本当に車を手放す必要があるのかなあ??」出来れば、自己破産をしても車を手放したくはない。「あと、実際に乗ってる車の相場を調べる方法とかがあれば、ついでに知りた...

自己破産,残クレ
自己破産と車の関係

最近、テレビCMなどで残価設定型クレジット・残価設定型ローン・カーリース・マイカーリースなどいろいろな購入方法の宣伝がされています。自動車ディーラーは今までの主流だったローン販売とは違い、手軽に車を乗る方法を推奨しており、新車への乗り換えをスムーズに提案できるように工夫をしています。このように新車デ...

自己破産,ワイファイ
自己破産の影響

自己破産しても、携帯電話、スマートフォン、ワイファイ(Wi-Fi)を持ちたい人は要チェック!あなたのが、やむにやまれない事情で自己破産してしまった場合、あなたはどれくらいの影響を被るのでしょうか??まず、あなたが職をもっていない場合は、パートナーの稼ぐ収入に全面的に依存しているので、パートナーが自己...

自己破産 体験談
自己破産の体験談

自己破産時の個人情報ペンネーム:若気の至りさん年齢:21歳性別:男性家族構成:独身・家族同居住所:東京都職業:フリーター年収:150万円自己破産情報借入先・種類:銀行・公的融資(カードローン・その他)債権額:120万円利用したサイトや法律事務所:電車内の中づり広告で見つけた法律事務所借金することにな...

自己破産 体験談
自己破産の体験談

自己破産時の個人情報ペンネーム:じろ子さん年齢:25歳性別:女性家族構成:独身・家族同居住所:福岡県職業:携帯ショップ店員年収:200万円自己破産情報借入先・種類:消費者金融(サラ金)債権額:120万円利用したサイトや法律事務所:大手法律事務所借金することになったきっかけ派遣会社の紹介で携帯ショップ...

自己破産 体験談
自己破産の体験談

自己破産時の個人情報ペンネーム:アランさん年齢:43歳性別:男性家族構成:独身・パートナーと同棲住所:群馬県職業:派遣会社・製造年収:200万円自己破産情報借入先・種類:消費者金融(サラ金)債権額:250万円利用したサイトや法律事務所:利用したサイトや法律事務所:ウィズユー司法書士事務所借金すること...