自己破産後の自動車ローン申込で失敗する人と成功する人

自己破産後の自動車ローン申込で失敗する人と成功する人

 

自己破産,自動車ローン

自己破産というのは、平たく言えば、債権者の側から見れば「借金の踏み倒し」や「貸し倒れ」ともとれます。

 

 

自己破産後のあなたの人生において、生涯、高額な住宅ローンや、自動車ローン、オートローン、オートリースなどは組めないと思っていませんか??

 

 

実は、自己破産後でも、キチンとした正しい知識に基づいて、尚且つ、自己破産後に誠実に実直な経済活動を送って、信用を再構築していけば、自動車ローンや、オートローン、オートリースなどを組んで車に乗ることは可能なのです。

 

 

ここでは、自己破産後でも自動車ローンの申込で失敗せずに、自動車ローンを組むのに成功する術を色々と細かく掘り下げて考察していきたいと思います。

 

 

 

自己破産後の自動車ローン申込で成功している5つのポイント!

自己破産,自動車ローン
自己破産後に自動車ローンを申し込んだ場合-。

 

 

ローン会社などから審査に落とされて自動車ローンを組むのに失敗する人と、自己破産後であっても、難なく自動車ローンを組むのに成功して自動車を購入できる人に分かれます。

 

 

その差とはいったい何なのでしょうか??

 

 

その決定的な明暗を分けるポイントが実は5つあります。

 

 

この5つを手堅く行っている人は、自己破産後であっても、自動車ローンを組んで車を購入することができる成功組。

 

 

この5つをナイガシロにしている無計画な人は、自己破産後、自動車ローンに審査などで落ちて車を購入することができない失敗組。

 

 

と言うことができると考えます。

 

 

では、早速、その5つについて個別で考察していきましょう。

 

 

 

(1)自己破産後は最低でも7年間は、クレジットカードや、各種カードローンの申し込みは避けよう!!

自己破産してしまったあなたの信用情報は、様々なところでシェアされています。

 

 

その代表的なものが、あらゆる金銭取引に関する個人情報を蓄積している信用情報機関における個人信用情報のデータベースです。

 

 

日本には、3つの信用情報機関があります。

 

 

銀行系の信用情報機関が、全国銀行協会、略してJBA

 

信販会社やクレジットカード会社の信用情報機関が、CIC

 

消費者金融系の信用情報機関が、日本信用情報機構、略してJICC

 

 

自己破産を認められて免責された時点で、これらの信用情報機関のデータベースには、あなたの自己破産情報が一定期間保持され、加盟店は自由に調査閲覧できてしまうわけです。

 

 

自己破産後は、JBAで10年間、CIC・JICCで最低5年間は、金融事故の情報はストックされてしまいます。

 

 

自己破産後は最低でも7年間は、クレジットカードやカードローン、自動車ローンの申込を行うべきではありません。

 

 

必然的に審査は通りにくくなりますし、落ちた場合はさらならるダメージになります。

 

 

しかし、実際にあなたの信用情報開示を行い、ローン審査に通るかどうかを判断するのもいいかも知れません。

 

 

下記サイトでは信用情報開示について詳しくまとめてみましたので、参考してみて下さい。
1度は調べておきたいあなたの信用情報!失敗しない信用情報開示請求!

 

 

(2)新規入会キャンペーンしているクレジットカードに申し込んでクレカを作成→小さい利用実績を積み重ねる!!

自己破産後5〜7年が経過すれば、カードローン会社やクレジットカード会社の多くが加盟している信用情報機関のCICや、JICCにおけるあなたの自己破産情報は、削除されて、ブラックリストからは外れます。

 

 

しかし、その他の金融取引履歴もまったく存在しないまっさらないわゆる「スーパーホワイト」状態となって、だれの目にもあなたが「自己破産後」であることがわかってしまうんです。

 

 

だから「さあ、自己破産から7年経ったから、自動車ローンを組もう!」では、いけません!!

 

 

この状態では、信用を1から再構築していくのが有効な手段です!

 

 

もっとも、手軽で有効な手が、新規入会キャンペーンなどを行っているクレジットカードを申し込み、そのクレジットカードで、月々の光熱費や携帯・スマホの使用料金を支払って、金融実績を作っていくというやり方です。

 

 

小さなことですが、延滞なくキチキチと毎月クレジットカードで支払っていけば、それは信用としてストックされていきます。

 

 

後に、自動車購入の為に、自動車ローンを組む際にもこうした小さな実績(信用)の積み重ねがモノを言うのです。

 

 

 

(3)車購入には、老舗の車屋さんを選ぶ!!

老舗の車屋さんなら、自動車ローンを専門に扱うローン会社にも多大な取引実績があるため、ローン会社にとっては上客のお得意様であり、そこで車を買うあなたの自動車ローンの審査も多少甘くなる傾向が強いのです。

 

 

老舗の車屋さんを利用した方が自動車ローンの金利も安くなったり、自動車ローンの審査も通り安く賢明でしょう。

 

 

実は自動車ローンの金利というのは、車屋さんごとの取引実績によって金利が大きく違います。

 

 

別の言い方をすれば、老舗で長年まとまった数の自動車ローンを組んでいるところは金利面も優遇されているので、老舗の車屋さんで買うことで自動車ローンの金利も安くなる可能性の方が高いです。

 

 

また、自動車ローンの会社は、オリコ、ジャックス、セディナ、アプラス、プレミア、などなど競合が結構います。

 

 

こういった会社は他社から主要の自動車ローンの申込先を乗り換えてもらうために金利を下げる営業を行ったりと競争が激しいので、余計に老舗の車屋さんで自動車ローンを組むほうが有利になります。

 

 

 

(4)自己破産した時に、借金を踏み倒している自動車ローン会社(系列・グループ)は避ける!!

特に説明の必要は無いと思います。

 

 

借金踏み倒された会社にとっては、あなたは生涯ブラックリストです。

 

 

自動車ローンを取り扱う会社は、主要事業がクレジットカードなどが多く、自動車ローンだけを扱っている会社はありませんので、注意が必要です。

 

 

 

(5)頭金を自動車購入総額の3分の1は用意する!!

いくら上手に自動車ローンを借りられるように振る舞って努力しても、あなたは一度自己破産した人間です。

 

 

このことは忘れてはいけません。

 

 

したがって、自動車ローンを組む際は、できる限り頭金を用意することで、自動車ローンの審査員にきちんとした人間だとアピールするポイントにもなります。

 

 

 

自動車ローン以外でもこのポイントを応用すれば、他のローン申込も成功します!

上述したように自動車ローンで成功するための5つポイントは、実は自己破産したあなたが、これから先の人生において、自動車ローン以外にも住宅ローンをはじめとする各種のローンを申し込む際に使えるポイントでもあります。

 

 

やはり、最初のポイントとしては、自己破産後の最低5〜7年の間は、質素倹約を身上として、できるだけ我慢を心掛けた生活で経済生活を再生させる努力をすることです。 

 

 

それと同時に、クレジットカードも使えず、カードローンも組むことができず、無駄遣いが一切できないこの貴重な期間に、できる限り貯金をして、その後の生活で再び羽ばたけるようにすることです。

 

 

経済生活を立て直すということは、小さな信用(実績)を積み重ねていくということと等価です。

 

 

特に、自動車ローンよりもさらに高額なローンとなる住宅ローンなどでは、一層の信用の再構築の努力が不可欠になりますよ!

 

 

 

)自己破産後に自動車ローンを組むのに必要な5つのポイント!まとめ

前述したことのおさらいになりますが、大事なことなので繰り返します。

 

 

自己破産後に自動車ローンの申し込みをして、ローン審査で落とされず、無事に車を購入できる成功組になるためには、

 

 

7年間はクレジットカードやローンの申し込みは自重せよ!

 

 

7年後からハードルの低いクレカを作って、支払い実績を作れ!

 

 

車を自動車ローンで買うなら、老舗の車屋で買え!

 

 

自己破産した時、あなたが借金踏み倒したグループ会社は避けろ!

 

 

忍耐期間にできるだけ金を貯めて、自動車ローンの頭金を増やせ!

 

 

以上、ポイントを簡潔にしてまとめてみました。

 

 

ただ、ここに紹介した内容だけでローン審査を通すのは難しい場合があります。

 

 

上記でも説明しているようにいちばん大切なのはあなたの信用情報です。

 

 

下記の記事では信用情報開示請求について詳しく説明をしていますので参考にしてみてください。
1度は調べておきたいあなたの信用情報!失敗しない信用情報開示請求!


 
自己破産,自動車ローン