自己破産の申請は自分でするべきか、弁護士に依頼するべきか?

自己破産の申請は自分でするべきか、弁護士に依頼するべきか?

 

自己破産,自分で,弁護士,無料

自己破産を検討している人は、借金地獄でお金に非常に困窮しており、自己破産にかかる数十万円もの弁護士費用などとても支払う余裕は無いと思います。

 

 

このような人の場合には、自分で自己破産の手続きを進めていこうと考える人も少なくないでしょう。

 

 

そこでこの記事では、自分で自己破産手続きをする場合のメリットやデメリット、また、弁護士に依頼してこれら一連の手続きを一任する場合のメリットやデメリットを比較してみます。

 

 

 

自分でやる場合のメリット、デメリット!?安いだけで本当にメリットってあるの?

自己破産は免責が認められると借金が返済しなくても良くなるというメリットの反面で一定価値以上の財産は没収されるデメリットも存在します。

 

 

しかし、借金地獄の人には、人生をやり直すことができるありがたい制度です。

 

 

<自己破産の詳しいメリットとデメリットはこちらのページで紹介しています。>

 

 

自分で自己破産の申し立てを行い、自分で必要な書類を揃えて提出する、といった全て自分で破産手続きを行う場合のメリットとはどんなことがあるのでしょうか?

 

 

メリット

「費用が最低限で済む」ということに尽きます。

 

 

自己破産を自分でやった場合に裁判所にかかる費用は次のようになります。

裁判所にかかる費用
費用内訳 金額 備考
収入印紙 1,500円 破産申立費用、免責申立費用含む
予納郵券(切手代) 3,000円~15,000円 債権者数により変動します
予納金1 10,000円~30,000円 同時廃止の場合
予納金2 最低20万円 少額管財事件の場合
予納金3 最低50万円 管財事件の場合

※収入印紙+予納郵券+予納金1~3のいずれかの金額になります。

 

 

 

 

通常、自己破産の申請から破産手続きは、法律のプロであり慣れている弁護士や司法書士に頼みます。

 

 

こうして弁護士や司法書士に依頼すれば、その費用は、数十万円単位がかかるのが普通です。

 

 

自分で自己破産手続きを行う場合には、上記表のように一番少なければ2〜3万円で可能になります。

 

 

デメリット

(1)お金を借りている貸金業者などの債権者からの取り立てがやまない
夜も眠れないほど取り立てに精神的に追い込まれ、仕事も疎かになり、生活自体が破綻をきたすケースは多々あります。

 

 

破産開始決定が受理されて、各債権者に通知がいけば、取り立てもなくなりますが、それまでの間は結構辛いです。

 

 

(2)法律に素人で慣れてもいないので、法的な専門事項がよくわからず、資料に不備が出やすい
不備があるたびに裁判所から電話連絡なり、提出した資料を突き返されて、破産手続きが受理されないので、時間的にも労力的にも膨大な量を費やさなくてはならなくなります。

 

 

また、素人がやる場合には、やり方が拙くて、破産宣告を受けられても、免責許可決定が受けられなくなるケースもあります。

 

 

裁判所の受付の方が親切な方であれば、事細かに教えてくれる場合もありますが、忙しい裁判所などの場合は教えてくれることが珍しいです。

 

 

人によっては、「弁護士に相談してください。」と、あしらわれるケースもあります。

 

 

(3)裁判所での資料提出・尋問など全て自分で行う必要がある
弁護士に依頼すれば、特別な事情を覗いて、全て丸投げでも可能です。

 

 

仕事をしている人などは特に裁判所へ出廷する必要があるので、大変だと思います。

 

 

弁護士に依頼する場合のメリット、デメリット!?弁護士選びは慎重に!

一方、法のプロであり場数も踏んで慣れている弁護士に、自己破産の申し立てから破産手続きまで、一連のプロセスを依頼する場合−。

 

 

メリット

(1)貸金業者などの債権者からの取り立ては一切なくなる

 

 

取り立て電話がなくなるだけで、精神的に安寧が得られ、仕事にも集中できて、生活も荒れません。

 

 

これは大きな利点ですね。

 

 

(2)裁判所とのやり取りなどすべて弁護士がやってくれる
裁判所への書類・資料の提出や、チェック、修正、さらに書記官や裁判官とのやり取りなどは全ておまかせできます。

 

 

仕事をしている人などは大変ありがたいと思います。

 

 

(3)免責許可決定を勝ち取るように尽力してくれる
やはりプロフェッショナルならではの要領と迅速さをもってして、確実に自己破産を認定させ、免責許可決定を勝ち取るように尽力してくれるという点です。

 

 

免責許可を得ることで、借金を0にできるので、ノウハウを持ち合わせた弁護士に依頼する意義は十分あると考えます。

 

 

デメリット

数十万単位の弁護士費用がかかる
しかし、最近では着手金なども分割払いで対応してくれるところも増えて来ているので、ほぼメリットしかないのではないでしょうか?

 

 

 

あまりにお金がない人は法テラスがベストかも!?

以上のように、「蛇の道は蛇」であり、自分でやるよりも弁護士に依頼する方が、確実に免責許可決定を受けられるということであり、債権者からの執拗な取り立てもなくなるというのも大きなメリットです。

 

 

自己破産を考えていてお金が全然余裕なんかない、という人でも、やはり弁護士にまずは相談してみて、自分でするか弁護士に依頼するかしたほうが得策と思います。

 

 

但し、あまりにお金に対して不安だし、法的にも詳しく無いし、何しろ全てにおいて自分でできる自信がない人にオススメなのが、法テラスです。

 

 

法テラスは、法務省管轄の独立行政法人で、お金が無いけど法律問題を抱えている人の駆け込み寺のような存在です。

 

 

この法テラスに、自己破産の相談をしましょう。

 

 

通常は、30分で5000〜10000円の相談料が取れられるところが、法テラスなら3回まで、相談が無料なのです!

 

 

ここで無料診断して、自己破産の対策を練られてみてはどうでしょうか?

 

 

法テラスでは、「立替金制度」があり、破産手続きの時にまったくお金が無くても、弁護士費用を立て替えておいてくれるのです。

 

 

そして、免責許可を受けてから、2ヶ月後から、無理のない支払額で、無利子で分割支払いで返済していけばよいという寛大な返済になります。

 

 

お金が無いけど、自己破産をしたいと、悩んでいる人は、是非一度、法テラスの無料診断を受けてください。

 

 

 

まとめ

以上、自己破産やそのやり方についてのメリット、デメリットを色々な角度から考察してきました。

 

 

自己破産の手続自体は、借金を0にしようとするわけですから、裁判所への資料提出や、申請書類の提出は難しいものです。

 

 

しかし、自分でやろうが、弁護士に依頼しようが自己破産は仕組みと意味さえ理解すれば怖くありません。

 

 

また、法テラスを利用する方法もあるので、気軽に法テラスに相談することも可能です。

 

 

法テラスに相談してみてやはりそれでも不安という方は自己破産に強い弁護士などを探されてみてわどうでしょうか?


 
自己破産,自分で,弁護士,無料