ブラック企業でうつ病発症でも自己破産できるのか?

ブラック企業でうつ病発症でも自己破産できるのか?

 

自己破産,うつ病,精神疾患,ブラック企業

近年、日本においてはブラック企業における過酷な労働実態が大きな社会問題になっていますよね。

 

 

名前を聞けば誰でも知っている某大手広告代理店での、エリート女子社員がブラックな労働環境によって自ら命を絶ってしまった事件なども、ニュースなどで初めて大きく取り上げられ、職場に監査まで入ったことは記憶に新しいと思います。

 

 

これほどまでに、日本社会にはブラック企業が充満した流れで、各職場の至る所に溢れるような有様になっていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

ブラック労働問題は、現代日本社会のキーワードであり、時代のポイントでもあります。

 

 

嘆かわしい世の中の流れだと思います。

 

 

こういったブラック企業での慢性的なパワハラ被害や、過酷を極める慢性的な長時間の強制時間外労働などの流れによって、その大きすぎるストレスから精神を蝕まれていき、うつ病にかかってしまい、最悪の場合には、自殺まで追い込まれるケースが増えている流れなのが、日本の現状です。

 

 

うつ病という病気は、一度発症してしまうと、考えているより遥かに厄介な精神疾患です。

 

 

まさに、うつ病を発症すると、色んな意味で人生のターニングポイントを迎えることになります。

 

 

重度になってくると、とても自分の独力で改善することは不可能な流れとなり、どうしても精神科の病院へ通院し、それに応じた治療を受けていく流れが必要になってきます。

 

 

こうなってくると、仕事を続けることが非常に難しくなり、日常生活にも支障をきたしてくる流れになるケースがほとんどです。

 

 

ですから、現実問題として、休職を余儀なくされたり、それも許されない職場の場合には、退職したり、時には解雇されたりする流れになるケースも数多くあります。

 

 

ここは、ポイントなので頭の片隅に置いておいてください。

 

 

この記事では、そういったうつ病をはじめとする病気やケガで、長期の入院治療などを行わなくてはならない流れになった人に対して、仕事ができなくなったがゆえに病院代や入院費用が払えなくなった場合にはどうすれば良いか?

 

 

どのような手続きをしたら良いのか?

 

 

こういった内容にポイントを絞って考察していきたいと思います。

 

 

 

ここがポイント!うつ病で自己破産する時に必ず必要な書類がある!

あなたがブラック企業での勤務を強いられて、様々な理不尽で過酷な流れの労働環境にも耐えて、長年仕事をやってきてもそのようなブラックな仕事を強いる会社では、遅かれ早かれ限界が来ます。

 

あなたの精神が悲鳴を上げるからです。

 

 

多くの場合、過度のストレスと劣悪な強制労働で、精神を蝕まれ、一連の流れからうつ病などを発症します。

 

 

このように、重度のうつ病を患ってしまった場合には、もはや働き続けることが非常に困難になってきます。

 

 

それでその流れから退職したりすれば、今度は収入が途絶えたり、激減したりしますから生活は困窮し、アチコチから借金をして生活を凌ぐようになります。

 

 

しかし、これもすぐに限界がきて、やがて雪だるま式に借金が膨らんで多重債務でクビが回らない状態になってしまうのです。

 

 

いわゆる債務超過でこの流れになると借金地獄の始まりです。

 

 

このように、もう自力ではどうしようもないほどの債務になってしまった場合のターニングポイントとしては、債務整理の最終手段である自己破産を検討するしかないでしょう。

 

 

住所の管轄の地方裁判所に、自己破産を申し立てて、破産手続きを行うのです。

 

 

自己破産は申し立てを行って、それが認められれば「免責不許可事由」に該当するような問題が無い限りにおいては、免責許可決定を受けることができる流れで借金をすべてチャラにできるからです。

 

 

ですが、うつ病の人が自己破産の申し立て&破産手続きをする際に、特に注意してほしいポイントが一点あります!

 

 

そのポイントとは、

 

「医師の診断書を申立書に添付すること!」

 

です。

 

 

この「うつ病であることを証明する」医師の診断書の効力は、裁判所に対して絶大なのです。

 

 

この診断書があるのとないのとでは、自己破産の手続きのスムースさやスピードの速さの流れが天地ほど違ってきます。

 

 

一般に、破産手続きはただでさえ煩雑を極めます。

 

 

ところが、医師の診断書さえあれば、この破産手続きは驚くほどスピードアップするのです。

 

 

実際、通常の流れであれば半年かかるケースの自己破産手続きが、この医師の診断書を添付したことによって、わずか3か月で終了して、免責許可決定を下された、なんて実例があるほどです。

 

 

なので、うつ病で自己破産を申し立てて、破産手続きを行う場合には、必ず医師の診断書を破産の申立書に添付することがポイントになります。

 

 

 

うつ病などの精神病は自己破産に至った原因になります

あなたがうつ病のため仕事を離れなければならず、そのために収入が途絶えて、借金を重ねる流れになり、しまいには債務超過に陥ってしまったとき−。

 

 

一般的には将来的に治る見込みのある病気を理由に、自己破産の申し立て&破産手続きなんて許されないのではないだろうか?と考えがちですよね。

 

 

でも、ポイントとなるのは、うつ病などの精神病は、自己破産に至った理由として、十分成立する理由なのです。

 

 

自己破産はポイントとして開始要件というものが必要であり、それが「支払不能状態にあること」なんですが、うつ病をはじめとする精神病は、この条件に合致しているというのが裁判所の見方がポイントです。

 

 

「うつ病とかの精神病だから自己破産は認めない!」なんて判断は絶対にないので、そこは安心して良いポイントだと思います。

 

 

うつ病であっても安心して、破産手続きを進めて良いのです。

 

 

借金が積もり積もって債務超過に陥ってしまった流れの原因として、裁判所の見方のポイントとしては、うつ病などの精神病が原因というのは立派に成り立つわけです。

 

 

うつ病であっても、通常の破産手続きと、手続き自体も変わりません。

 

 

うつ病が理由だと認められないのでは?という危惧から、自己破産の申し立て&破産手続きを早計に諦めることは止めましょう。

 

 

 

債務整理の検討と手続きの着手は早ければ早い方が良い!

自己破産,うつ病,精神疾患,ブラック企業
うつ病のような深刻な精神疾患に悩んでいる人は、借金地獄の状況まで落ちてしまっている流れでも、なかなか債務整理の手続きに踏み切れないケースが非常に多いようです。

 

 

債務超過に陥ってしまって、色々と悩むことはありますが、債務整理の手続きまでする気力も落ちてしまっているので、本当に精神疾患は怖い病気です。

 

 

こういったことは、債務整理の手続きをするうえで割とポイントとなってくる事項なので頭の片隅においてほしいですね。

 

 

上記でも紹介した通り、

 

 

「こういう人はうつ病のような精神病が、自己破産に至る流れのポイントや理由としては認められないのではないか?」

 

 

「将来的に治る見込みのある病気だから、返済可能と見られて認められないのではないか?」

 

 

などとポイントを勝手に先回りして、ネガティブな妄想を勝手に出してしまって、二の足を踏んでいるパターンが非常に多いようです。

 

 

しかし、先に述べたポイントとして、裁判所はうつ病などの精神病は、自己破産に至る流れの理由として十分に成立すると考えています。

 

 

また、医師の診断書を破産の申立書に添付すれば、むしろ通常の自己破産の申し立てより、はるかにスムースかつスピーディーに手続きが進み、破産手続きが終了することもわかっています。

 

 

逆に、ポイントとしては、流れをネガティブに考えるあまり自己破産の申し立てを行わず、債務整理の手続き自体にも着手しないケースでは、貸金業者から執拗な取り立てや督促を日常で受けるようになります。

 

 

こうなってくると、非常に不快で落ち着かない流れの毎日を過ごさなくてはならなくなりますし、精神疾患を発症した衛生上の観点からも非常に好ましくない事態であります。

 

 

ポイントとなる事実として、うつ病は精神疾患です。

 

 

このような執拗で恐怖や不安を伴う取り立てや督促を受けている流れの中では、うつ病は改善するどころか、まずます悪化の一途を辿るようになります。

 

 

これは大事なポイントです。

 

 

最悪、この流れだと、自殺まで考えるようになってしまいますので、今現在うつ病で借金問題に悩んでいる人は、まずは、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することが大事なポイントになります!

 

 

自己破産の申し立て&破産手続きで状況が一変することも多々あるのです。

 

 

オススメのポイントとしては、費用が無くても、破産手続きを弁護士に依頼できる法テラスを利用しましょう。

 

 

3回までは、無料で相談できますし、裁判や手続きに必要な費用、弁護士費用は、法テラスの立て替え制度を受けて手持ちが無くても手続きを進められるところがポイントです。

 

 

うつ病のような精神疾患のケースでは、特に、精神衛生や環境が大事なポイントになります。

 

 

恐怖を煽ってくるような執拗な取り立てや督促の環境には、人一倍、身を置くべき流れではありません。

 

 

当たり前のことですが、これは重要なポイントです

 

 

うつ病で、多重債務などの借金問題に悩んでいる流れの場合には、他のケースにも増して、一刻も早い債務整理の検討が必要なポイントだと言うことを、くどいぐらい強調しておきたいと思います。

 

 

 

まとめ

以上、うつ病の人が、自己破産をする場合のポイントなどを色々と考察してきました。

 

 

ポイントは、うつ病で自己破産の申し立ておよび破産手続きを裁判所におこなう流れの場合には、破産の申立書に必ず「うつ病であることを証明する」医師の診断書を添付することがポイント。

 

 

これによって、格格段に破産手続きの流れはスムースに運び、その期間も大幅に短縮されるのがポイントです。

 

 

そして、うつ病などの精神病は、自己破産に至った流れの理由として、十分酌量されるので、ためらわずに一刻も早く、専門家である弁護士に相談するなどして、債務整理の手を打っておくことがポイントです。


 
自己破産,うつ病,精神疾患,ブラック企業